交流戦第10日目(6月7日)

◎交流戦

◇開始18時00分◇東京ドーム

オリックス
1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
巨 人
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
【オリックス】 ○東(2勝3敗) Sマチャド(6セーブ)
【巨人】 ●戸郷(5勝3敗) ケラー
[本塁打] 紅林2号(オ)

◇開始18時01分◇神宮

日本ハム 2 1 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5
ヤクルト 0 0 0 0 0 2 1 0 1 0 0 4
【日本ハム】 山崎 田中正 河野 マーフィー 杉浦 ○矢沢(1勝1敗) Sザバラ(1セーブ)
【ヤクルト】 松本健 エスパーダ 星 石山 木沢 ●小沢(0勝6敗)
[本塁打] 水谷2号(日) マルティネス7号(日) サンタナ8号(ヤ)

◇開始18時00分◇横浜

ソフトバンク
0 3 2 3 0 2 0 0 0 10
DeNA
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
【ソフトバンク】 ○モイネロ(3勝2敗) 藤井
【DeNA】 ●森唯(1勝1敗) 上茶谷 宮城 佐々木 中川虎 坂本
[本塁打] 甲斐2号(ソ) オースティン4号(D)

◇開始18時00分◇バンテリンドーム

楽 天 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2
中 日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
【楽天】 ○早川(4勝3敗) 酒居 S則本(14セーブ)
【中日】 ●涌井(2勝4敗) 橋本 岩崎 斎藤

◇開始18時01分◇甲子園

西 武 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
阪 神 0 1 0 1 0 3 0 0 X 5
【西武】 ●与座(1勝1敗) 中村祐 田村 豆田 上田
【阪神】 ○伊藤将(3勝1敗) 桐敷 漆原

◇開始18時00分◇マツダスタジアム

ロッテ
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
広 島
0 0 0 2 0 2 0 0 X 4
【ロッテ】 ●美馬(0勝2敗) 横山 中村稔 東妻
【広島】 ○大瀬良(3勝0敗)

〇巨人対オリックス

オリックスは1回、西野の打球をヘルナンデスが後ろにそらし、西野は3塁へ。西川のタイムリーで1点を先制した。3回には紅林のホームランで1点を加えた。先発の東は8回無失点で2勝目。巨人先発の戸郷は8回2失点だったが、味方に足を引っ張られた。

〇ヤクルト対日本ハム

日本ハムは1回、水谷とマルティネスのホームランで2点を先制。2回には伏見のタイムリーで1点、5回には松本の犠飛で1点を加えた。ヤクルトは6回、山田のタイムリー、西川の押し出し四球で2点を返し、7回にはオスナのタイムリーで1点、9回にはサンタナのホームランで同点に追いついた。日本ハムは延長11回、小澤の暴投で1点を加えm、最後はザバラが抑えて、日本ハムが勝った。6番手の矢沢がプロ初勝利を挙げた。

〇DeNA対ソフトバンク

ソフトバンクは2回、甲斐の3ランホームランで3点を先制、3回には栗原と柳町のタイムリーで2点、4回には山川の押し出し四球と柳町のタイムリーで3点を加え、6回にも近藤のタイムリーで2点を加えた。DeNAは4回、オースティンのホームランで1点を返すのがやっとだった。ソフトバンク先発のモイネロは8回1失点で3勝目。DeNA先発の森は古巣相手に力んだのか、3回途中5失点と振るわなかった。さらに、宮崎、上茶谷がけがで離脱と、厳しい状況に追い込まれた。

〇中日対楽天

楽天は1回、辰己の内野ゴロの間に1点、2回には阿部のタイムリーで1点を加えた。先発の早川は7回無失点で4勝目。中日先発の涌井は古巣相手に7回2失点と良く投げたが、打線の援護を受けられなかった。

〇阪神対西武

阪神は2回、木浪の内野ゴロの間に1点を先制、4回には前川のタイムリーで1点を加えた。西武は5回、長谷川のタイムリーで1点を返したが、阪神は6回、森下の1塁ゴロ、近本のタイムリーで3点を加えて試合を決めた。先発の伊藤は7回1失点で3勝目。西武先発の與座は4回2失点だったが、中継ぎが失点してしまった。

〇広島対ロッテ

広島は4回、野間のタイムリー3塁打で2点を先制。6回には小園のタイムリー3塁打で2点を加えて試合を決めた。先発の大瀬良は9回無安打無失点で、プロ通算90人目、通算102回目のノーヒットノーランを記録した。今年に入って、阪神戦で達成した戸郷以来。

この記事へのコメント